picture
exhibition

EXHIBITION 2020

Published

5 months ago

New collections presented.

ATAKAの新作巡回展を名古屋・大阪・東京で行います。
今回の展示会は新作コレクションを3種類ご用意しています。
[YELLOW] [SLICE] [ROD BOLD]
新作は合計30点以上の展示になります。
展示会場には現行のMONOCHROMEやBALLなど含め100点以上展示予定です。
また、記念日の数字を元に、素材からオリジナルで調合・制作するブライダルリング[DATE デイト]の見学や受注のご相談も受け付けております。

[YELLOW イエロー]
暖かさ・洗練・物質的。
[SLICE スライス]
指に最も寄り添った形状とは。
[ROD BOLD ロッドボールド]
最もミニマムなジュエリーの次。

[YELLOW]はスカンジナビアのインテリアをリサーチし、制作しました。
特定の素材の汎用性をキーワードにデザインを起こしたコレクションです。
前回発表のMONOCHROMEが辛口のジュエリーであったことから、ATAKAの解釈での甘口ジュエリーに仕立てました。

[SLICE]は指輪と指の形状との関係を問いたコレクションです。
指の関節を3D分析し、形状を導き出した上、国内でも数少ない機械を使ってサイズ展開が可能になりました。

[ROD BOLD]は既存の商品であるステンレスのブローチRODからの発展です。
既存のタイプから直径を太くすることでブローチのみならず、ピアス、イヤリング、ネックレスへの展開が可能になりました。

今回のEXHIBITIONに合わせて100枚限定のインテリアポスターを製作しました。
デザインは小林一毅氏で、足はありますが上半身が半分しかない人の形を表現しています。
ご購入希望の方は展示会場にお越し頂くか、ウェブサイトのコンタクトページよりお問い合わせ下さい。

ATAKA EXHIBITION 2020 Poster
100枚限定発売
A2サイズ
¥4,000(税抜/送料別)

展示会場はどなた様もお越し頂けますので、お気軽にお越し下さい。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止として、大阪展と東京展は、マスクと手指アルコール消毒は必須とさせて頂きます。
また、換気や人の距離については常に気を付けてご対応致します。
名古屋展の拡大防止対策詳細についてはFuligoshedのウェブサイトやインスタグラムをご覧下さい。

名古屋
Fuligoshed
6/6-6/28
愛知県名古屋市中区栄3-19-5 2F
12:00-20:00
(水曜日定休)
https://fuligo-shed.com

大阪
藤谷商店
7/4-7/26
大阪府堺市堺区桜之町東1-1-13
13:00-19:00
(土日祝の営業 平日は要予約)
(7/4 18:00から一般来場可のオープニングレセプション予定)

東京
LICHT
8/6-8/9
東京都目黒区青葉台3-18-10 2F
12:00-18:00
(会期中無休)
https://www.licht-gallery.com

バイヤー様とブライダルリングご相談のお客様は要予約とさせて頂きます。
ご来店希望日・お時間帯・お名前・お電話番号をご記載の上、ウェブサイトのコンタクトフォームからご連絡下さい。

Poster Concept

足はあるが、上半身が半分無い人の姿を表現している。
僕たちは好きな場所へ自由に動き回ることができるが、その一方で、自分たちの生活を豊かにするためにその足をうまく活用できているかという疑念から来ている。
仕事に忙殺され、裕福では無い家計の中でなかなか好きなものに手を伸ばすことができない、頭が回らない。
私たちを含めた多くの人が肉体の健康に対して精神の健康が比例していない矛盾の中で日々を生きている。
そうした関係性を頭と手が半分無い、代わりに丈夫な足を持つ人として表現した。

しかし、いま新型コロナウィルスの社会情勢の中で大きくその概念が変わろうとしている。
自由に動くことができなくなってしまった。
代わりに家族の時間や、限られた空間の中で充実して生活するかなど、精神的な豊かさに目を向けようとする動きが生まれつつある。
その助けとなるものがファッションやジュエリー、インテリア、アート、映画、音楽、スポーツなどであり、今まで手の届かなかったものたちだと思っている。
ATAKAのジュエリーもまた、精神的な豊かさという失われた身体を補うものとしてここに存在するということを暗喩したポスターにした。

Text 小林一毅

小林一毅 Ikki Kobayashi
1992 年滋賀県彦根市生まれ。
多摩美術大学グラフィックデザイン学科、資生堂クリエイティブ本部を経て 19 年独立。
手作業での図案、書体制作にこだわり、心地よく美しいグラフィックデザインの可能性を追求している。
グラフィックデザインからパッケージ、CIVI、サインデザインまで幅広く活動。
東京 TDC 賞、JAGDA 新人賞、日本パッケージデザイン大賞銀賞、Pentawards Silver 受賞。
Instagram @kobayashi.ikki