picture
Exhitibiton

"Between black&white" Ikki Kobayashi Exhibition

Published

5ヶ月前

2021年12月18日(土)から26日(日)まで大阪・桃谷のATAKAにて、グラフィックデザイナー小林一毅の個展「Between black&white」を開催いたします。

手仕事で描かれる伸びやかな曲線と余白にも密度を感じる造形の心地よさ。見る人の心を惹きつける小林氏のグラフィックデザインは、紙もののみならずプロダクトとしてもその魅力を発揮しています。ATAKAでは、これまでロゴをはじめ、展覧会DMのグラフィック等を依頼。意図を汲み取り、小林氏のフィルターを通した表現は見る者に問い掛け、視野を広く持てる造形を纏っています。

本展では、10月16日より上海で行われた「Three Dimensions of Expression」にて発表した18種類のポスターを展示します。エンツォ・マーリのアニマルパズルに触発され、制約を設けた動物図案の作図に取り組んだという小林氏。正方形の紙を埋め尽くすほどの黒の造形から描かれた動物は生彩に富み、求心力を放ちます。
会場ではポスターのみではなくインテリアと合わせての展示を行います。小林氏の造形をATAKAが解釈した空間で提供することで、より世界観に浸れる展覧会となるでしょう。
会期中は、小林氏の在廊の他、展覧会に合わせて製作した限定アイテムの販売も予定しております。ぜひこの機会にご来場ください。

2021.12.18(Sat)-12.26(Sun)
12:00-19:00
会期中無休
予約不要
作家在廊 12.18(Sat) 12:00-15:00